読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HAPPY INK DAYS archives

インクでハッピーな毎日を彩ろう!

現在のインクの内訳

いよいよ明日のオープンを前に、ちょっと今自分が持っているインクの棚卸も兼ねて、分析をしてみました。以下がその詳しい内容です。

 

まずは、全803本(2017年3月31日現在)を舶来物と国産物と分類してみた結果がこちらです。

f:id:happyinkdays:20170330215227j:plain

じゃっかん、舶来物が多いです。

しかし、本当に僅差。

25本分舶来物が多いです。

 

では、それぞれの内訳をみていくことにしましょう。

 

f:id:happyinkdays:20170330215439j:plain

 

まずは国産インクから。

圧倒的にKobe INK 物語が多いです。限定品も含めて70本持っているので。

そして、そのKobe INK物語も含めて、半分以上がご当地インクとなります。

ということは、メーカーだけでいうと圧倒的にセーラーさんの一人勝ちです(笑)。

まぁ、インク沼の人たちだったら当然の結果よね、と驚く人は少ないかもしれませんが。

 

では、舶来インクはどうでしょうか。

 

f:id:happyinkdays:20170330215717j:plain

一番多いのがDIAMINEで、80本以上あります。

通常インクの他に、限定(フラワーセットやミュージックセット、シマーリングなど)もあるので、多いのです。

また、ドクターヤンセンは日本未発売のものも含めて41本あるので、必然的に多くなってしまいます。

今後増えると思われるのがコンプリートを目指しているDIAMINEと、台湾で数本買ったKWZでしょうか。

 

普段、インクはエクセルで管理しているのですが、こうやって内訳を円グラフにしてみるというのも面白いですね。

 

今後は、節目節目にグラフ化していけたらなと思っております。

こちらもどうぞお楽しみに!