HAPPY INK DAYS archives

インクでハッピーな毎日を彩ろう!

#0989 MONTBLANC Homage to Victoria & Albert

MONTBLANC 
Homage to Victoria & Albert

【Impression】

モンブランというと、以前はそれほどインクには力を入れていなかったような印象を持っているのですが(定番インクが中心で、限定インクは軸に合わせて出す程度)、最近は実に色々なシリーズのインクを、しかも限定で出すようになりました。これも昨今の日本でのインクブームが影響しているのでは?と勝手に思っています。
そんなモンブランからまた面白い限定のインクが出ました。
こちらはパトロンシリーズの「Homage to Victoria & Albert」の万年筆に合わせて出されたインクです。こちらはパトロンシリーズ最後となり、ヴィクトリア女王とアルバート公をモチーフにしています。
万年筆の方はとにかく美しいペパーミントグリーンの色が印象的な万年筆です。お値段がお値段なので、もちろん、ぼくには手が出せないのですが、インクだったらお手軽!と思えてしまうから怖い。だってインクにしてはそこそこのお値段なので。
ともあれ、今回の色はモンブランにしてはちょっと珍しいモダンな色なのではないでしょうか。ペパーミントグリーンはまさに限定万年筆のキャップの色と同じです。
これは夏に使いたくなるような爽やかさ。
人気の色になるんじゃないかと思っているので、気になる人は、店頭で見かけたら即買いをおすすめします!

そうそう!これの面白いところは箱の側面にも柄が入っているところ。このパターンは初めてなので、見えない部分だけどテンション上がりました!

【グラフィーロ】

【MDペーパー】

【NOBLE NOTE】

【コスモエアライト】

【A.Silky(紳士なノート)】

【バンクペーパー高砂プレミアム】

【トモエリバー】

【フールス紙】

【ニーモシネ】

【NEUE GRAY】

【iroful】

【ロルバーン】

【コニーラップ】

【コニーラップ(KEN'S NIGHT)】

 

#0988 MONT BLANC Glacier

MONT BLANC
Glacier

【Impression】

ここ数年、万年筆の代名詞ともいえるモンブランから不定期に限定インクが出るようになり、それも毎年楽しみなのですが、今年もそろそろ、そういったインクが出始めました。

だいたいのインクは、他の筆記具などのシリーズに合わせて、そのコンセプトで出されるのですが、今回のテーマはGlacier=氷河。

モンブランの氷河をイメージしたシリーズで、先週の日曜日に HAPPY STATIONERY WEEKENDSにて万年筆とボールペンをご紹介しました。

今回は筆記具の他に革小物や時計なども発売され、テーマがテーマなだけに、とてもクールでスタイリッシュなデザインとなっています。

ボックスにこのシリーズのベースとなる氷河のデザインが施されたインクの色もブルーで、とても魅力的。

氷河をイメージすると、どうしてももっと薄めのブルーを思い浮かべがちですが、こちらは深みのある藍色で、青みが強いところが特徴。普段使いもできそうな色味です。

【グラフィーロ】

【MDペーパー】

【NOBLE NOTE】

【コスモエアライト】

【A.Silky(紳士なノート)】

【バンクペーパー高砂プレミアム】

【トモエリバー】

【フールス紙】

【ニーモシネ】

【NEUE GRAY】

【iroful】

【ロルバーン】

【コニーラップ】

【コニーラップ(KEN'S NIGHT)】

 

#0987 藍濃道具屋 麻油

藍濃道具屋 
2022冬季限定 火鍋コレクション『冬令進補(ドンリンジンブ)』
麻油

f:id:happyinkdays:20220415000838j:plain

【Impression】

毎年季節ごとのインクを出してくれる台湾のブランド藍濃道具屋(レンノンツールバー)の2022年の冬限定のインクです。テーマは火鍋とのことで、台湾では一般的と思われる火鍋の素材がテーマになっています。

ぼくは台湾には2回しか行ったことがなく、しかも冬ではなかったので、火鍋を食べていないのですが(そもそも一人で行っても一緒に食べる人がいないとねぇ?)、日本の鍋とはじゃっかん異なるみたいで、そこが面白いですね。

さて、この「麻油」とは、「ゴマ油の香りが強く生姜と鶏肉を加えた冬に最も人気のある鍋料理」なのだとか。

生姜と鶏肉というと、韓国料理の参鶏湯を思い浮かべますが、やはりちょっと似ているのでしょうか。いかにも体に良さそうで、医食同源という言葉を思い浮かべます。

インクの色は茶色で、渋い木の皮を思わせるところが面白いし、濃いめなので、手紙などを書く時にも使えるでしょう。

【グラフィーロ】

f:id:happyinkdays:20220415000842j:plain

【MDペーパー】

f:id:happyinkdays:20220415000847j:plain

【NOBLE NOTE】

f:id:happyinkdays:20220415000851j:plain

【コスモエアライト】

f:id:happyinkdays:20220415000855j:plain

【A.Silky(紳士なノート)】

f:id:happyinkdays:20220415000859j:plain

【バンクペーパー高砂プレミアム】

f:id:happyinkdays:20220415000903j:plain

【トモエリバー】

f:id:happyinkdays:20220415000907j:plain

【フールス紙】

f:id:happyinkdays:20220415000913j:plain

【ニーモシネ】

f:id:happyinkdays:20220415000917j:plain

【NEUE GRAY】

f:id:happyinkdays:20220415000921j:plain

【iroful】

f:id:happyinkdays:20220415000925j:plain

【ロルバーン】

f:id:happyinkdays:20220415000930j:plain

【コニーラップ】

f:id:happyinkdays:20220415000934j:plain

【コニーラップ(KEN'S NIGHT)】

f:id:happyinkdays:20220415000938j:plain

 

#0986 藍濃道具屋 枸杞

藍濃道具屋 
2022冬季限定 火鍋コレクション『冬令進補(ドンリンジンブ)』
枸杞

f:id:happyinkdays:20220415000737j:plain

【Impression】

かなり季節外れになってしまいましたが、台湾の2022年冬季限定のインク「火鍋コレクション」をご紹介しています。

今回ご紹介するのが「枸杞(ゴウチ)」というインク。枸杞(ゴウチ)とは、日本語だと「クコ」のことです。「クコの実」でも有名ですよね。台湾ではクコの実は薬膳で良く使われ、冬の火鍋には欠かせない食材なのだとか。

クコの実というと、赤い色を思い浮かべますが、まさにそんな赤を思わせる色ですね。ちょっと暗めのくすんだオレンジといったところでしょうか。落ち着いたえんじ色なので、いろんな場面で使えそう。

【グラフィーロ】

f:id:happyinkdays:20220415000741j:plain

【MDペーパー】

f:id:happyinkdays:20220415000745j:plain

【NOBLE NOTE】

f:id:happyinkdays:20220415000749j:plain

【コスモエアライト】

f:id:happyinkdays:20220415000753j:plain

【A.Silky(紳士なノート)】

f:id:happyinkdays:20220415000758j:plain

【バンクペーパー高砂プレミアム】

f:id:happyinkdays:20220415000802j:plain

【トモエリバー】

f:id:happyinkdays:20220415000806j:plain

【フールス紙】

f:id:happyinkdays:20220415000810j:plain

【ニーモシネ】

f:id:happyinkdays:20220415000814j:plain

【NEUE GRAY】

f:id:happyinkdays:20220415000818j:plain

【iroful】

f:id:happyinkdays:20220415000822j:plain

【ロルバーン】

f:id:happyinkdays:20220415000826j:plain

【コニーラップ】

f:id:happyinkdays:20220415000830j:plain

【コニーラップ(KEN'S NIGHT)】

f:id:happyinkdays:20220415000834j:plain

 

#0985 藍濃道具屋 烏骨鶏

藍濃道具屋 
2022冬季限定 火鍋コレクション『冬令進補(ドンリンジンブ)』
烏骨鶏

f:id:happyinkdays:20220415000635j:plain

【Impression】

台湾のブランド藍濃道具屋から2022年冬季限定として販売されているシリーズのテーマは火鍋です。日本の火鍋とは少し様子が違うようですが、冬は鍋というのは共通しているようですね。

さてこの「烏骨鶏(ウーグージー)」は、台湾では薬用シチューや鍋に良く使われる素材なのだとか。どういう味なのか、皆目見当がつきませんが、いつか台湾で食べたいなと思っています。

そんな「烏骨鶏」の色は黒です。ほんのりと青みがかった黒で、ブルーブラックのブラック強めといったところでしょうか。普段使いや仕事でも使える色と言えるでしょう。

【グラフィーロ】

f:id:happyinkdays:20220415000639j:plain

【MDペーパー】

f:id:happyinkdays:20220415000643j:plain

【NOBLE NOTE】

f:id:happyinkdays:20220415000648j:plain

【コスモエアライト】

f:id:happyinkdays:20220415000652j:plain

【A.Silky(紳士なノート)】

f:id:happyinkdays:20220415000656j:plain

【バンクペーパー高砂プレミアム】

f:id:happyinkdays:20220415000659j:plain

【トモエリバー】

f:id:happyinkdays:20220415000704j:plain

【フールス紙】

f:id:happyinkdays:20220415000709j:plain

【ニーモシネ】

f:id:happyinkdays:20220415000713j:plain

【NEUE GRAY】

f:id:happyinkdays:20220415000717j:plain

【iroful】

f:id:happyinkdays:20220415000721j:plain

【ロルバーン】

f:id:happyinkdays:20220415000725j:plain

【コニーラップ】

f:id:happyinkdays:20220415000729j:plain

【コニーラップ(KEN'S NIGHT)】

f:id:happyinkdays:20220415000733j:plain

 

#0984 藍濃道具屋 高麗菜

藍濃道具屋
2022冬季限定火鍋コレクション 『冬令進補(ドンリンジンブ)』
高麗菜(ガオリーカイ)

f:id:happyinkdays:20220412224028j:plain

【Impression】

台湾のブランド、藍濃道具屋の2022年の冬限定インクのテーマは火鍋です。日本でも冬の定番料理として知られている鍋ですが、台湾も日本と同じように冬には鍋を食べる風習があるようです。日本に比べるとはるかに暖かいのに鍋を食べるというのが不思議だなと思いますが。

ところで「高麗菜」とは、キャベツのことです。高麗産ということではなくて、発音の関係でこの漢字が使われたようです。シャキシャキッとしたキャベツは鍋には定番ですが、そのキャベツの瑞々しい緑を思わせる色が印象的です。

これから暖かくなる季節にも使えそうな涼やかな雰囲気を持ったインクでもあります。

【グラフィーロ】

f:id:happyinkdays:20220412224032j:plain

【MDペーパー】

f:id:happyinkdays:20220412224036j:plain

【NOBLE NOTE】

f:id:happyinkdays:20220412224041j:plain

【コスモエアライト】

f:id:happyinkdays:20220412224045j:plain

【A.Silky(紳士なノート)】

f:id:happyinkdays:20220412224049j:plain

【バンクペーパー高砂プレミアム】

f:id:happyinkdays:20220412224054j:plain

【トモエリバー】

f:id:happyinkdays:20220412224057j:plain

【フールス紙】

f:id:happyinkdays:20220412224101j:plain

【ニーモシネ】

f:id:happyinkdays:20220412224105j:plain

【NEUE GRAY】

f:id:happyinkdays:20220412224110j:plain

【iroful】

f:id:happyinkdays:20220412224115j:plain

【ロルバーン】

f:id:happyinkdays:20220412224120j:plain

【コニーラップ】

f:id:happyinkdays:20220412224124j:plain

【コニーラップ(KEN'S NIGHT)】

f:id:happyinkdays:20220412224128j:plain

 

#0983 Ferris Wheel Press MISGUDED MISTLETOE

Ferris Wheel Press

The Home & Holly

MISGUDED MISTLETOE

f:id:happyinkdays:20220406003922j:plain

【Impression】

クリスマスの色といえば、赤と緑の組み合わせを思い浮かべる人も多いでしょう。ヒイラギの赤ともみの木の深緑がそういったクリスマスのイメージのカラーとして定着しているような気がします。

なので、フェリスフィールのクリスマス限定カラーの中に緑の色があると知った時は、やっぱりクリスマスと言えば、緑だもんね、と妙に納得したのでした。

ところで、インク名の「MISGUIDED MISTLETOE」を直訳すると「見当違いなヤドリギ」となるのですが、もう少し良い訳し方はないかしらん?とずっと悩んでいます。

どこがどう「見当違い」なのよ!と問い詰めたくなっちゃいます。

Ferris Wheel Pressのラメの入った緑色のインクとしては、以前にもご紹介した「SUNLIT JADE」と「MOONLIT JADE」がありますが、それに比べると、こちらの緑の方が少し青みがかっていて、深みがあるように感じられます。

【グラフィーロ】

f:id:happyinkdays:20220406003928j:plain

【MDペーパー】

f:id:happyinkdays:20220406003932j:plain

【NOBLE NOTE】

f:id:happyinkdays:20220406003941j:plain

【コスモエアライト】

f:id:happyinkdays:20220406003937j:plain

【A.Silky(紳士なノート)】

f:id:happyinkdays:20220406003945j:plain

【バンクペーパー高砂プレミアム】

f:id:happyinkdays:20220406003950j:plain

【トモエリバー】

f:id:happyinkdays:20220406003955j:plain

【フールス紙】

f:id:happyinkdays:20220406004001j:plain

【ニーモシネ】

f:id:happyinkdays:20220406004005j:plain

【NEUE GRAY】

f:id:happyinkdays:20220406004010j:plain

【iroful】

f:id:happyinkdays:20220406004014j:plain

【ロルバーン】

f:id:happyinkdays:20220406004024j:plain

【コニーラップ】

f:id:happyinkdays:20220406004019j:plain

【コニーラップ(KEN'S NIGHT)】

f:id:happyinkdays:20220406004028j:plain