HAPPY INK DAYS archives

インクでハッピーな毎日を彩ろう!

#0808 Kobe INK物語 住吉ブラウン

f:id:happyinkdays:20190617071709j:plain

f:id:happyinkdays:20190617071352j:plain

ナガサワ Kobe INK物語

住吉ブラウン

 

Kobe INK物語のインクを利用して占いのイベントを2回開催したのだが、そこで気づいたのが、意外にも茶色系のインクが少ないこと。70色以上もあるのに、なんと4色しかないのである。神戸というのは、茶色のイメージは少ないのだろうか?

それとも、これからいろいろと出てくるのだろうか?確かに神戸といえば、海の青と山の緑、というのが主流になると思うけれども、例えば古き良き時代を彷彿とさせるセピア色なんかはもっと種類があっても良いのでは?という気がしてしまう。

茶色は黄色寄り、あるいはグレーっぽい、緑がかった、など幅広い色味をもっているので、今後の展開に期待している。

 

#0807 Kobe INK物語 北野坂ナイトブルー

f:id:happyinkdays:20190617071708j:plain

 

f:id:happyinkdays:20190617071350j:plain

ナガサワ Kobe INK物語

北野坂ナイトブルー

 

まだ、このインクを購入した時は、ぼくも万年筆やインクに関する知識などもなく、ただひたすらにコツコツと集めていた。だから、数年後、お店の人と仲良く話すようになったり、ましてや、一緒にお仕事をすることになるとは思いにもよらなかった。

でも、このインクを買った前後のことは良く覚えていて、この北野坂ナイトブルーに合わせて発売された限定万年筆を買うことができず、見送っていたのだが、たまたまぼくが神戸の本店に行った時に、ラストの一本を店頭にみつけて、大騒ぎをして購入したのだ。インクの方は先に手に入れていたけれども、ラメの入った美しい万年筆は買えなくて悔しい想いをしていただけに、すごく嬉しかったのだ。

#0806 Kobe INK物語 須磨海浜ブルー

f:id:happyinkdays:20190617071707j:plain

f:id:happyinkdays:20190617071348j:plain

ナガサワ Kobe INK物語

須磨海浜ブルー

紫、というのは、青と赤を混ぜた色。だから、少し青が強くなると青っぽい紫になり、その境界線があいまいになる。そして、赤の方が強いと、今度は紫とピンクの境界線があいまいになる。だから、紫の基準というのが実はものすごく難しい。

この色もきっとそうなんだと思う。一応、ブルーという名前なので、青にカテゴライズしてしまうけど、かなり紫の要素が強い青、ということで、このブログでのカテゴリーは青と紫の両方に入れておくことにする。

でも、そのあいまいさが魅力でもあるわけで、この色もそんな感じ。

 

 

#0805 Kobe INK物語 塩屋ブルー

 

f:id:happyinkdays:20190617071706j:plain

 

f:id:happyinkdays:20190617071346j:plain

ナガサワ Kobe INK物語

塩屋ブルー

 

ご当地インクの草分け的存在のナガサワ文具センターの青系インクのうちのひとつ。

現在青系インクは全部で20色あり、Kobe INK物語の中で最も多い。そんな中でも特に鮮やかなのがこの塩屋ブルー。正統派の青、という感じで、これからの季節にも大活躍しそう。でも、温かみも感じられるので、季節を問わず使うことができるインクだと思う。 

#0804 MONTBLANC Lucy Yellow

f:id:happyinkdays:20190617071705j:plain

f:id:happyinkdays:20190617071344j:plain

MONTBLANC The legend of Zodiac

Lucky Yellow

 

モンブランから毎年出ている干支シリーズ。このシリーズを知ってから毎年買うようにしているんだけれども、すっかり買ったつもりでいて、買っていなかったので、慌てて購入。でも日本入荷が遅れていたのだろうか?

さて、色はというと、明るい黄色。

うーむ。ガラスペンで書いてみると、きちんと読めることは読めるけれども、これで日記を書いたり、長文の文章を書いたりするのは難しいかな。

ちょっとしたアクセントとして、あるいは短めの文章やコメントなどで使う分には楽し気で良いかもしれない。

#0803 MONTBLANC marine blue

f:id:happyinkdays:20190617071704j:plain

f:id:happyinkdays:20190617071342j:plain

MONTBLANC elixir parfumeur collection

marine blue

 

先月放映された万年筆インクを紹介するテレビ番組の中でマツコさんが「これ、香水よね」とおっしゃっていた、香りのする万年筆インクの最新作。

今までは8000円だったのですが、なぜか今回は9000円なのです。その千円高くなったのはなぜ?香料のせい?と思ったのですが、良くわかりません。

香は確かにとても良いです。今までのインクよりもさらに香水感が増しています。

ただ、今までの香り付きもそうなのですが、持続性はそんなにないです。

ついついこれでお手紙を書いて、相手も感じて欲しいなと思いがちですが、相手に届くころには香りもほとんど飛んでいると思います。

鼻を紙にくっつければ、なんとか、うーん、言われてみれば何か香りがついている?ぐらいな印象。

ただ、もちろん、書いている時はこの香りを楽しむことができるので、その瞬間を贅沢に楽しむ、ぐらいな気持ちで使っていた方が良いかもしれません。

色はグレー系。とても上品な色。ぼくは最近グレーが大好きなので、この香水じゃないや、このインクも大活躍しそう。

でも、当然ながら体につけちゃだめよ!(笑)

 

#0802 MONTBLANC POP PINK

f:id:happyinkdays:20190617071703j:plain

f:id:happyinkdays:20190617071340j:plain

MONTBLANC

POP PINK

 

最近インクに目覚めたのか、やたらとインクをたくさんぼんぼん出している印象のモンブランが、今までのボトルのパッケージを一新するようです。それに伴い、いくつか色味が変わったり、新色が加わったりするらしく、このPOP PINKもそのリニューアルに伴って登場した色です。

ポップっていうくらいだから、もっとパキッとした感じのピンクだと思ったら、意外にも薄いのでびっくり。ちょっとファンシーな感じもします。

柔らかい印象なので、冬とかに日記をこれで書くとあったかくなりそう。

あと甘い綿菓子のような感じもするので、そんな気分(どんな気分だ?)の時にも良さそうです。