HAPPY INK DAYS archives

インクでハッピーな毎日を彩ろう!

#0884 ROBERT OSTER Red Gold

f:id:happyinkdays:20190911095015j:plain

f:id:happyinkdays:20190911095019j:plain

ROBERT OSTER

Red Gold

こちらのインクも、昨日のSilver Fire&Ice同様、KA-KU大阪でみつけて即買いしたインクです。これもまたラメが見えにくくてごめんなさい。これは実際にインクを試してもらわないとわからないと思うのですが、とにかく細かい金のラメが入ってて、本当に美しいんだから!

ラメインクの魅力というのは、パッと見ただけではわからないけれども、ふとした表紙にきらりと光って、あれ?なんだ?おおおおっ!ラメ入ってるやんけ!と驚けるところ。ちょっとしたサプライズを仕掛けることができるのがラメインクの面白さなんじゃないかと思うのです。

 

#0883 ROBERT OSTER Silver Fire&Ice

f:id:happyinkdays:20190911095007j:plain

f:id:happyinkdays:20190911095011j:plain

ROERT OSTER

Silver Fire&Ice

海外の通販サイトは、安いものがあったり、日本には売っていないものがあったりして便利は便利なのだが、いくつかのデメリットもある。まず、すべて英語なので、英語でやり取りをしなければいけないということ。

単純にオーダーするだけだったらそれほど問題はないが、例えば納期が遅れているときに催促したり、間違っていたものが届いたときに処理をしたり、あるいはこちらのミスでダブって注文したものをキャンセルしたり交換したりするといったときにそれなりの英語ができないと、ちょっと困難であるという不安はあるだろう。

もうひとつは、納期が遅くなるということ。

なんせ、日本は極東アジアなので、どうしても船便だったりすると納期が大幅に遅れるのだ。だから、どうしてもすぐに欲しい時などは困ってしまう。

そういう場合には日本でぱっと買ってしまった方が手っ取り早い。

このラメ入りインクも、大阪に遊びに行った時にKA-KU大阪店でみつけて、即買いした。もともとFire & Iceは大好きな色だったし、ラメ入りだからすぐにでも使いたいと思ったからだ。

ところが、その後とにかく忙しい日々が続き、今年の夏は結局まったくこのインクを使う機会もなく終わってしまった。

さて、このロバートオースターのラメは、他のラメインク同様、スキャンではほとんどラメ感が伝わらないのが惜しい。

でも、ご安心あれ。しっかりと銀色の細かいラメが入っていて、角度によってきらきらと光って素敵だから!

これはラメ好き、青緑好きにはおすすめのインク。クリスマスの華やいだ時期に使っても良いかもしれない。

 

happyinkdays.hatenablog.com

 

 

#0882 ROBERT OSTER Marine

f:id:happyinkdays:20190911094958j:plain

f:id:happyinkdays:20190911095003j:plain

ROBERT OSTER

Marine

ロバートオースターはインクの種類が多すぎるせいなのか、まだ全部は日本には入ってきていないのですが、これはどうやら日本でも取り扱いしている色のようです。

やはりこういう青緑系というのは人気の色なのでしょうか。

ぼく自身もこういう色は大好き。青のような緑のような判断に難しい色ほど、魅力を感じてしまうのです。

スキャンの調子が良くなくて、というか、もともと青緑系の色というのは、スキャンに弱いんですよねぇ。実際はもっとクリアでくっきりとした色なので、気になる方は店頭で確かめてみてください。おすすめです!

#0881 ROBERT OSTER Bondi Blue

f:id:happyinkdays:20190908222149j:plain

f:id:happyinkdays:20190908222154j:plain

ROBERT OSTER

Bondi Blue

他のブランドもそうだけれども、ROBERT OSTERも青系のインクはとても多い。しかもここの青系は結構ぼく好みの青が多くて、ついつい見とれてしまうのであります。

このBondi Blueもそんな青インクの一つ。明るいターコイズブルーで、少し薄めなところがたまらない。

青と一言で言っても、本当にいろいろな青があって、それぞれに表情が違う。濃かったり、薄かったり、明るかったり、暗めだったり、緑が入っていたり、赤が入ってうっすら紫がかっていたり。

これだけのグラデーションがあるのは他の色にはあまりないから、必然的に青のインクというのは増えるんじゃないかっていうのがぼくの持論。

まぁ、いずれにせよ、理屈抜きで使いたいターコイズブルーです。

 

#0880 ROBERT OSTER School Blue

f:id:happyinkdays:20190908222135j:plain

f:id:happyinkdays:20190908222141j:plain

ROBERT OSTER

School Blue

日本でも取り扱いが始まったオーストラリアのインクブランド、ロバートオースターはとにかくインクの数が多くて、インクスキのぼくにはたまらない。ただ、お値段が少々お高いのが難点。ただ、海外から直輸入すると、小さいサイズ(確か30mlくらい?)のパックを購入することができるし、日本には入ってきていないインクもあったりするので、ついつい(英語だけのやり取りになってしまうけど)直輸入でまとめて仕入れてしまうことに。

さて、こちらのSchool Blueは日本にはまだ入ってきていないインク。

オーストラリアの学校のイメージってこういう青なのだろうか?よくわからないけれども。でも、落ち着きのある明るめの紺色で、使い勝手は良さそう。

 

 

 

#0879 ROBERT OSTER Emerald

f:id:happyinkdays:20190908222125j:plain

f:id:happyinkdays:20190908222130j:plain

ROBERT OSTER

Emerald

エメラルドという名前がついたインクというのは、青の入った緑が多く、ぼくの中ではエメラルドとターコイズグリーンというのは非常に近しい色だと思っている。完全に「=」ではないんだけど、「≒」ぐらいかなという感じはする。

さて、こちらのエメラルドも非常に青みの感じられるグリーンだと思う。鮮やかで明るくて、そしてどこか海を思わせる部分もあり、やっぱりこういう色っていいなって思うのであります。

#0878 ROBERT OSTER Melon Tea

f:id:happyinkdays:20190908222114j:plain

f:id:happyinkdays:20190908222120j:plain

ROBERT OSTER

Melon Tea

オーストラリアのインクブランド、ロバートオースターは最近では一部の色が日本でも取り扱いが始まり、比較的入手しやすくなってきたように思う。でも、本国では50色近いインクが出ているので、まだ日本に未入荷のインクがたくさんあるようで、気になる色は、本国から直輸入で手に入れるようにしている。

こちらのMelon Teaもそんな風に個人でゲットしたもののうちの一本。

これがね、またとても不思議な色なんですよ。茶色っぽいんだけど、水で伸ばすと赤がほんのり入っているのがわかる感じで、そこがこの微妙な感じを演出しているのかしら?と思ったりもして。

温かみのある色でもあります。