HAPPY INK DAYS archives

インクでハッピーな毎日を彩ろう!

#0293 Private Reserve Naples Blue

f:id:happyinkdays:20180114094920j:plain

f:id:happyinkdays:20180114094921j:plain

f:id:happyinkdays:20180114094922j:plain

f:id:happyinkdays:20180114094923j:plain

Privete Reserve Naples Blue

プライヴェートリザーヴ ネイプルズブルー

 

うーむ。

これを果たして載せて良いのか…。

実はこの色、ぼくの記憶しているNaples Blueとは違うのです。もっとスカイブルーに近い感じのターコイズ色だったと記憶しているのですが、なぜか筆記サンプルを見てみると、濃いめの(アメリカンブルーに近い感じ)に見えてしまう。

色のムラが出ている薄い部分は、確かにぼくの記憶に近いのですが、それでも、何となく違う感じもするのです。

果たして、これが経年によるものなのか、それともぼくの記憶違いなのか定かではありません。

以前にもプライヴェートリザーヴは明らかな変色事件があり(下記参照)、おっかなびっくり使っているのですが、果たしてこの色は正しいもともとの色なのでしょうか。悩ましいところで、中途半端な紹介になってごめんなさい。

この色はこの色で、素敵なんですけどね。

 

happyinkdays.hatenablog.com

 

 

#0292 Private Reserve Ebony Blue

f:id:happyinkdays:20180114094916j:plain

f:id:happyinkdays:20180114094917j:plain

f:id:happyinkdays:20180114094918j:plain

f:id:happyinkdays:20180114094919j:plain

Private Reserve Ebony Blue

プライヴェートリザーヴ エボニーブルー

 

プライヴェートリザーヴは、日本での取扱店が少なくなってしまったけれども、ユニークな色が多いので、ぼくは今でも大切に使っているインクブランドのうちのひとつです。

特にこの「エボニー」と名前の付いたインクは、どれもとても個性的。ちょっとひとひねりあるような感じの色が多いんですよ。

例えば、このエボニーブルーも、「え!?どこがブルーなのよ!」と、プライベートリザーヴの開発者を突撃して、小一時間ほど問い詰めたくなりません?

これ、どう見てもグリーンじゃない!しかも、細字だと黒っぽく見えるし。なので、この色は、とても不思議なのです。

でも、そのあいまいさがぼくにはたまらんのですよ。微妙なところで、アオかミドリか判定が出ない、そういう色にぼくはなぜか惹かれるのであります。

そして、これもターコイズグリーンにカテゴライズされるのではないかって思っています。

 

ちなみに、エボニーシリーズにはパープルもあります。

 

happyinkdays.hatenablog.com

 

#0291 Private Reserve American Blue

f:id:happyinkdays:20180114094914j:plain

f:id:happyinkdays:20180114094915j:plain

Private Reserve American Blue

プライベートリザーヴ アメリカンブルー

 

蔵前のカキモリ ink stand が、プライベートリザーヴを取り扱っていたころ、混色用だけではなく、単体でも発売していて、その時に購入したインクです。

色鮮やかなブルーは、いわゆる、ロイヤルブルーと呼ばれている色よりももっと深みのあるブルーです。ありがちといえばありがちなんだけど、ここまでクリアで、澄んだ感じのブルーというのは、実は探そうとするとなかなか難しいのではないか、という気もします。

明るいブルーというと、どうしても色が薄くなってしまったり、水っぽい感じになってしまいがちなのですが、このアメリカンブルーは、色の濃さと明るさのバランスがとても良く取れているような気がします。

そこがこのインクの大きな魅力なのではないでしょうか。

 

#0290 Private Reserve Cadillac Green

f:id:happyinkdays:20180114094910j:plain

f:id:happyinkdays:20180114094911j:plain

f:id:happyinkdays:20180114094912j:plain

f:id:happyinkdays:20180114094913j:plain

Private Reserve Cadillac Green

プライベートリザーヴ キャデラックグリーン

 

プライベートリザーヴは個性的な色が多いと昨日ご紹介しましたが、このキャデラックグリーンも、そんな個性的なグリーンのひとつなのではないかと思います。

これは、細字でかくと緑なんですけれども、中字から太字で書くと、インクのフローによっては、ちょっとターコイズグリーンっぽい青みがかった緑になるところが面白ですね。

まぁ、ちょっとターコイズに分類していまうのは雑過ぎる!って思われるかもしれないけれども、実際にターコイズという名前はついていて、こういう色というのはあると思うのです。

 

例えば、カヴェコのターコイズなんて、まさにグリーンがかっているではないですか!

 

 

happyinkdays.hatenablog.com

 

これがターコイズなんだったら、このCadillac Greenもターコイズに入れちゃってOKだよね、っていう気持ちで、ぼくはこれもターコイズ認定することにします。

なので、ターコイズ好きは、ぜひ押さえておきたいインクのひとつです。

 

#0289 Private Reserve Tropical Blue

f:id:happyinkdays:20180114094908j:plain

f:id:happyinkdays:20180114094909j:plain

Private Reserve Tropical Blue

プライベートリザーブ トロピカルブルー

 

その品質に少しばらつきがあるという理由で、日本では取り扱い店が減ってしまったアメリカのブランド、プライベートリザーヴは、混色可能ということで、一時期東京ではカキモリでも扱いがありました。

現在は、福岡のKA-KUさんで似たようなミクサブルができるようになっており、単色での発売も行っているようです。

さて、そんなプライベートリザーヴは、色が鮮やかだったり、他のブランドにはない色があったりするし、種類も豊富なので、代理店がなくなってしまったことがとても悔やまれます。

そんなプライベートリザーヴの中でも多いのが青系統の色。こちらも見事なまでの青です。くっきりとした青で、まさに南国の空とか海を思わせるターコイズブルー。

ロイヤルブルーよりも、緑が少し入っているのかな。そこがたまらなく好きなのであります。夏はもちろんのこと、夏が恋しい今の時期にも使いたいインクですね。

#0288 J.HERBIN BLEU PERVENCHE

f:id:happyinkdays:20180108232221j:plain

f:id:happyinkdays:20180108232222j:plain

f:id:happyinkdays:20180108232223j:plain

f:id:happyinkdays:20180108232224j:plain

J.HERBIN BLEU PERVENCHE

エルバン ツルニチソウ

 

昨日ご紹介したインクがターコイズグリーンなら、こちらは紛れもないターコイズブルーのインク。だから、この二つのインクはとても相性が良いのではないか、そんな気がします。文章を書く時も、段落ごとに色を切り替えたい、なんていう時は、この二色を使ってみるというのも良いかもしれません。

そして、これもまたぼく好みの色だということは、わざわざ説明する必要もないかもしれません。とにかく、こういうすっきりとした突き抜けた色が好きなのです。

空の青さだとか、海の青さだとかを連想させる色、それだけで気持ちが落ち着いたり、逆にわくわくしたりすることもあります。

つまり、ターコイズ色というのは(何度も叫んでいるけれども)、ぼくにとっては、何かしら気持ちを揺さぶるような色と言えるのであります。

 

#0287 J.HERBIN VERT RESEDA

f:id:happyinkdays:20180108232217j:plain

f:id:happyinkdays:20180108232218j:plain

f:id:happyinkdays:20180108232219j:plain

f:id:happyinkdays:20180108232220j:plain

J.HERBIN VERT RESEDA

エルバン モクセイソウグリーン

 

今発売中の「趣味の文具箱」44号のインクの連載の特集は緑系のインク。

緑系と一言でいっても、いろいろな緑があり、それらを青みがかった緑と黄色がかった緑、さらに明るい/暗いという分類で一覧にしてみました。

その中に、このモクセイソウグリーンも入っているのですが、これは一番青に近い、そしてかなり明るめの緑、という位置にある緑です。

そして、その列、つまり一番青に近い緑の列にある色というのは、ぼくにとってはターコイズグリーンに位置するものばかりで、かなりのお気に入りの色でもあります。

すっきりとした色で、さらに人目を惹く色でもあり、そこがたまりませんよね。

こういう色は、夏に使うとテンション上がるのですが、夏だけじゃなくて、冬にも使いたいなと思うような色なのではないか、そんな気がいたします。