HAPPY INK DAYS archives

インクでハッピーな毎日を彩ろう!

#0503 SAILOR トンズラー

f:id:happyinkdays:20180808142214j:plain

f:id:happyinkdays:20180808142215j:plain

SAILOR

トンズラー

 

ドロンジョ万年筆に付属の2本の限定オリジナルインクのうちの1色。ボヤッキーのグリーンと比べると意外にもオーソドックスな感じがします。なんで、トンズラーがこの色なのか、知りたいところではあります。そういう意味でも、ボヤッキーのあの深緑も不思議といえば不思議なのですが。

色的には、パイロットの色彩雫の中にありそうな感じの色です。

少し紫に寄ったロイヤルブルーというイメージでしょうか。

それにしても、タイムボカンの面白いところは、主役であるはずのヒーローよりも、悪役の方がインパクトが強いってところ。なんか憎めないんだよねぇ。

昔タイムボカンシリーズを久々に見たくなりました。

 

#0502 SAILOR ボヤッキー

f:id:happyinkdays:20180808142212j:plain

f:id:happyinkdays:20180808142213j:plain

SAILOR

ボヤッキー

 

ぼくの世代だったらみんなご存じのタイムボカンシリーズの悪玉トリオをモチーフとしたタツノコプロ55周年記念万年筆に付属のインク。これが面白いのは、悪玉の姐御的存在のドロンジョ様は万年筆に、そして手下のボヤッキーとトンズラーがインクになったのです。

さて、万年筆はアクビちゃんの万年筆同様、非常にシンプル。黒軸に赤いワンポイントが入っているだけで、非常にシックで大人っぽい。

それに合わせたインクもまた面白い色。

ボヤッキーの方は深みのある緑です。意外にもちょっと和っぽいテイストでもあり、そこが面白いなと思うのです。

派手じゃないから、ついつい出番が少なくなりがちだけど、実はいろんな場面で使えるインクだと思うので、これからどんどん使いたいです!

 

#0501 SAILOR アクビちゃん

f:id:happyinkdays:20180808142210j:plain

f:id:happyinkdays:20180808142211j:plain

SAILOR

アクビちゃん

 

昨日に引き続き、万年筆に付属の限定ボトルインクのご紹介。

こちらは昨年発売されたタツノコプロの55周年を記念して作られた万年筆に付属のインク。

みみごとなターコイズグリーンです。万年筆の方はぱっと見たところピンク色がベースになっているのですが、なんと、キャップを外すと、ペン芯の首軸部分がこのターコイズグリーンなのです。軸のピンクとの組み合わせが見事!

しかも、デザインも軸にワンポイントが入っているだけで、実におしゃれ!この万年筆をデザインした人はものすごくセンスが良いなと思ってしまった。

さて、このインクもまたターコイズ好きにはたまらないですよね。こういう色ってなかなかありそうでない。

こういう感じの色という非常に近い色は示せるけど、この色はなかなかかぶらないのではないかと思う。それぐらい、ブルーとグリーンの配合が微妙なのだと思う。

これもまた愛すべきインクと言えるでしょう。

 

#0500 SAILOR 零士ブルー

f:id:happyinkdays:20180808142208j:plain

f:id:happyinkdays:20180808142209j:plain

SAILOR

零士ブルー

 

今週は、一般には単体で市販されていない限定インクをご紹介したいと思います。

こちらは、セーラー万年筆で5年ほど前に発売された松本零士デザインの万年筆に付属していた限定インクです。

発売当初、このセットがものすごく高額で、手が出なかったのですが、数年後に少し根が下がって販売しているところをみつけて、ゲットすることができました。この限定セットを買わないと、このインクは手に入れることができないので、中には値段の9割がこのインク代だと思って購入を決めた人もいるようです。

さて、こちらのインク、カテゴリー的には完全にターコイズブルーですね。

スキャン画像だと実物よりも少し明るめですが、実際はもっとシックなトーンです。でも、やはり限定インクだけあって、他のターコイズブルーとは、ちょっと趣が違うような感じもします。

使うのがもったいない気もしますが、でも、やっぱりインクは使ってなんぼ、ですので、これからはこういう限定インクもがんがん使っていきたいなと思っています。

 

#0499 SEITZ-KREUZNACH Flamingo Pink

f:id:happyinkdays:20180729123247j:plain

f:id:happyinkdays:20180729123248j:plain

SEITZ-KREUZNACH Flamingo Pink

ザイツクロイツナッハ フラミンゴピンク

 

上記のスキャン画像を見ると、かなり色が薄く出てますが、実際には、もう少し濃いめです。といっても、かなり濃いというのではなく、淡い色ではあるけれども、薄すぎない、という感じの濃さ。

判読することも可能で、この前ご紹介したSun Yellowよりはストレスを感じないレベルの文字の色の薄さといって良いでしょう。

この微妙な感じは実際に万年筆に入れて試してみたいところ。細めから中細ぐらいのニブでも大丈夫だと思うし、外国産のMまでは比較的インクの色がきちんと出ると思います。ただ、国産のミュージックなどになっちゃうと色が薄すぎちゃう気もするのでご注意ください。

#0498 SEITZ-KREUZNACH Pacific Blue

f:id:happyinkdays:20180729123245j:plain

f:id:happyinkdays:20180729123246j:plain

SEITZ-KREUZNACH Pacific Blue

ザイツクロイツナッハ パシフィックブルー

 

明るめのロイヤルブルー。比較的オーソドックスなので、コレクションする目的がなければ代替色は他にもあるような感じ。

でも、ちょっと明るめの色なので、たとえば夏の朝の手帳タイムに使うと気持ちがすっきりとして良いかもしれない。

他にとりたて書くこともないけれども、こういう色が好きな人は、試しに一つ買ってみる、ぐらいな感じで良いかなぁという気もする。すいません、非常に薄いレビューで(汗)。

#0497 SEITZ-KREUZNACH Chestnut Brown

f:id:happyinkdays:20180729123243j:plain

f:id:happyinkdays:20180729123244j:plain

SEITZ-KREUZNACH Chestnut Brown

ザイツクロイツナッハ チェストナッツブラウン

 

ミニボトルで、形もかわいいドイツのインクブランド、ザイツクロイツナッハの茶色系インク。比較的オーソドックスといえばオーソドックス。特にザイツらしいっていう感じもしないかな。

ただ、だからといってつまらないというか、使えないというわけではない。いや、むしろ嫌味がないというか、癖がないから使いやすいインクではある。

薄すぎず、かといって濃すぎず、程よい中間の茶色なので、どんな場面でも使えるし、どんな紙やどどんな柄にもマッチするんじゃないかと思う。