読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HAPPY INK DAYS archives

インクでハッピーな毎日を彩ろう!

#002 LAMY Turquoise

f:id:happyinkdays:20170327001621j:plain

f:id:happyinkdays:20170327001622j:plain

f:id:happyinkdays:20170327001623j:plain

f:id:happyinkdays:20170327001624j:plain

LAMY

Turquoise

 

Twitterでもさんざん書いていますが、ぼくはターコイズ色に弱い。

インクだけではなく、万年筆もターコイズカラーを集めるほど。

でも、ターコイズというのは、実に難しい色でもあります。

というのも、ターコイズの定義があいまいなところがあるから。

そして、それによって、メーカーによって同じターコイズと銘打っていても、実際にその色を見てみるとだいぶ違ってくる。

でも、そこがまたターコイズの面白いところでもある。

ぼくにとってのターコイズは、「青と緑の中間点」という認識。

だから、青寄りのターコイズと緑寄りのターコイズというのはまったく違った色味に見えるのだ。

 

そこで問題となるのは、「ターコイズ」という名前はついていないけれども、「これってターコイズなんじゃないの?」と思えるような色が多いということ。

特に日本のメーカーのインクは色そのものの名前をあまりつけないので、判断が難しいところがある。

 

人によっては「これは青だろう?」とか「これは明らかに緑でしょ?」って思うかもしれない。

 

でも、そういう色でもぼくは「ターコイズ」と呼びたい場合もある。

 

そこで、このアーカイブズでは、「ターコイズ」と名前の付いたインクをいくつかピックアップして、ターコイズの色のふり幅を見てみたいと思っている。

そして、さらに、カテゴリーにわける際も、一つの色カテゴリーではなく、いくつかの色カテゴリーにまたがるようにしようと思っている(詳細は3/25の記事を参照してください)

 

happyinkdays.hatenablog.com

 

さて、本題ですが、このラミーのターコイズは、いかにも青寄りターコイズの代表という感じがします。ラミーは限定色じゃない限り入手しやすいので、この色を青ターコイズの基準としても良いかなと思います。

 

夏の空の色、あるいは夏の海のきらめき。そん景色を思い起こさせる素晴らしい色ですよね。なお、2017年の3月に発売された、ラミーのアルスター限定色のパシフィックはまさにこのターコイズ色。

 

ここ数年、軸に合わせた限定色が出ていたので楽しみにしていたのですが、今年は定番のターコイズと同じ色ということで限定色が出なかったのが少し残念(少し変えてでも良いから出して欲しかったのですが…)。