HAPPY INK DAYS archives

インクでハッピーな毎日を彩ろう!

Inks-インク-

#0887 石丸文行堂 Color Bar Ink Vermouth&Cassis

石丸文行堂 Color Bar Ink Vermouth&Cassis こちらのインクも、スキャンをしただけでは青みが強くなってしまったので、かなり色調整をしています。 実物はやはりお店で確認していただいた方が良いでしょう。 さて、そんなこちらのカクテルはカシスを使ったカ…

#0886 石丸文行堂 Color Bar Ink Blue Margarita

石丸文行堂 Color Bar Ink Blue Margarita これもまたスキャンした時に色が全然違ってすごく調整に苦労した色。 スキャンした画像を見ると、赤みがほとんどなくて、かなり青が強い色になってしまう。なので、こちらはスキャンしたものに加工をしております。…

#0885 石丸文行堂 Color Bar Ink Nikolashka

石丸文行堂 Color Bar Ink Nikolashka 6月末~7月にイベントでお世話になった長崎の石丸文行堂さんのカラーバーインクは全70色…だったのですが、なんと、この度、2色追加されるらしく、ついに72色に。 うーむ。70色を収めることができるケースまであるの…

#0884 ROBERT OSTER Red Gold

ROBERT OSTER Red Gold こちらのインクも、昨日のSilver Fire&Ice同様、KA-KU大阪でみつけて即買いしたインクです。これもまたラメが見えにくくてごめんなさい。これは実際にインクを試してもらわないとわからないと思うのですが、とにかく細かい金のラメが…

#0883 ROBERT OSTER Silver Fire&Ice

ROERT OSTER Silver Fire&Ice 海外の通販サイトは、安いものがあったり、日本には売っていないものがあったりして便利は便利なのだが、いくつかのデメリットもある。まず、すべて英語なので、英語でやり取りをしなければいけないということ。 単純にオーダー…

#0882 ROBERT OSTER Marine

ROBERT OSTER Marine ロバートオースターはインクの種類が多すぎるせいなのか、まだ全部は日本には入ってきていないのですが、これはどうやら日本でも取り扱いしている色のようです。 やはりこういう青緑系というのは人気の色なのでしょうか。 ぼく自身もこ…

#0881 ROBERT OSTER Bondi Blue

ROBERT OSTER Bondi Blue 他のブランドもそうだけれども、ROBERT OSTERも青系のインクはとても多い。しかもここの青系は結構ぼく好みの青が多くて、ついつい見とれてしまうのであります。 このBondi Blueもそんな青インクの一つ。明るいターコイズブルーで、…

#0880 ROBERT OSTER School Blue

ROBERT OSTER School Blue 日本でも取り扱いが始まったオーストラリアのインクブランド、ロバートオースターはとにかくインクの数が多くて、インクスキのぼくにはたまらない。ただ、お値段が少々お高いのが難点。ただ、海外から直輸入すると、小さいサイズ(…

#0879 ROBERT OSTER Emerald

ROBERT OSTER Emerald エメラルドという名前がついたインクというのは、青の入った緑が多く、ぼくの中ではエメラルドとターコイズグリーンというのは非常に近しい色だと思っている。完全に「=」ではないんだけど、「≒」ぐらいかなという感じはする。 さて、…

#0878 ROBERT OSTER Melon Tea

ROBERT OSTER Melon Tea オーストラリアのインクブランド、ロバートオースターは最近では一部の色が日本でも取り扱いが始まり、比較的入手しやすくなってきたように思う。でも、本国では50色近いインクが出ているので、まだ日本に未入荷のインクがたくさんあ…

#0877 TONO&LIMS Strawberry Ice

TONO&LIMS Special Edition Starawberry Ice とのりむのインクは、定番のインクの他に、イベントごとにスペシャルエディションを出しているのですが、それがまたとても良い色が多く、コンプリートしたいと思っている人は大変だと思う。 イベントでは、リムさ…

#0876 TONO&LIMS Nagasaki Passion

TONO&LIMS Nagasaki Passion TONO&LIMSの都道府県シリーズは、県花がモチーフになっているのですが、ぼくは、地理も生物も苦手なので、さっぱりわからず、調べてしまいました。そしたら、長崎の県花は雲仙つつじなのだそうです。 こちらのピンクは明るいピン…

#0875 TONO&LIMS Kyoto Shade of Sakura

TONO & LIMS Kyoto Shade of Sakura 彗星のごとく登場したTONO&LIMS通称とのりむの都道府県シリーズ。 京都の府花も桜なのですが、見事に他の桜と区別した色。そのモチーフの選び方がまた素晴らしいと思うのです。こちらは桜の影をイメージした色で、確かに…

#0874 TONO&LIMS A Space Walk Dec 2018 2

TONO&LIMS A Space Walk Dec 2018 2 こちらも定番インク。写真だと少し青みがかったターコイズグリーンですが、実際はもっと緑です。ただ、モスグリーンとはまた違った淡いトーンなんですよねぇ。ほんと、この徹底した淡淡感(勝手に命名)はすごいなぁと思…

#0873 TONO&LIMS Tokyo Full Bloom of Sakura

TONO&LIMS Tokyo Full Bloom of Sakura TONO&LIMSにはいくつかのシリーズがあるようなのですが、こちらは日本の各都道府県がテーマ。そして、そのテーマのモチーフとなっているのが県花です。 そして、こちらが東京の都花。満開の桜をイメージしているのです…

#0872 TONO&LIMS Sea of Illusion

TONO&LIMS Sea of Illusion TONO&LIMSのインクの大きな特徴は淡い色が多いことというのは昨日もお伝えした通りなのですが、すごいと思うのは、鮮やかで明るい色でも淡い色が出せるということ。例えば、このブルーにしても、他のブランドだったら、もっとクリ…

#0871 TONO&LIMS A Space Walk Dec 2018 1

TONO&LIMS Space Walk Dec 2018 1 今年、彗星のごとく登場し、インク沼の住人たちを驚かせた日本と韓国のインクマニアの二人組が作ったブランドTONO&LIMSのインクを満を持してご紹介いたします! すでに趣味の文具箱のぼくの連載でも登場しておりますが、と…

#0870 カキモリ 顔料インク Piano

カキモリ 顔料インク Piano 黒は万年筆インクの基本中の基本。インクのことをあまりよく知らない人は、万年筆のインクなんて青か黒でしょ?っていうくらい黒は定番。 なので、インクの種類が少ないブランドでも黒だけは必ず出しているという印象。 ところが…

#0869 カキモリ 顔料インク Comet

カキモリ 顔料インク Comet カキモリのオリジナルインクは、どれもマット感があってぼくはそこが大きな特徴だと思っているんだけど、このブルーグレー系のCometもそんなマットな質感を感じるとても良い色。 渋いんだよねぇ。この独特のあたたかみのある感じ…

#0868 カキモリ 顔料インク Lichenes

カキモリ 顔料インクLichenes Lichinesとは、地衣類のことで、わかりやすく言うと苔。つまりこれはモスグリーンになる。ただ、染料系のインクと違って、マット感が出るので、濃厚な感じのモスグリーンのように見える。みずみずしさというよりも、もっこり感…

#0867 カキモリ 顔料インク Blue Moment

カキモリ 顔料インクBlue Moment 顔料インクは染料に比べると扱いがとても難しくて、ついつい敬遠しがちだけど、ちゃんとお手入れすれば使えるし、万年筆だって選べば安心して使うことができるんだから、がんがん使いたいと思っている。 とはいうものの、顔…

#0865 カキモリ 顔料インク Voyage

カキモリ 顔料インク Voyage 自分好みの色を自分でブレンドして作ることができるカキモリ ink standのオリジナルインクです。シリーズ名ですが、自分でブレンドできるインクは「ink stand」というシリーズ名となり、お店自体のオリジナルインクは「顔料イン…

#0864 カキモリ ink stand 顔料インク Soda Glass

カキモリ ink stand 顔料インク Soda Glass 自分でインクをミックスして自分好みの色を作ることができるカキモリのink standは以前は染料インクだったのですが、諸般の都合により現在は顔料インクに変更となっています。 そして、染料インクの時代からぼくは…

#0863 MONTBLANC James Dean Rebel Red

MONTBLANC James Dean Rebel Red ジェームズディーンっていうと、何となくデニムジーンズの似合う男、というイメージなんだけど、このレッドはおそらく彼の来ていたジャケットに由来するんじゃないかな。あまり詳しくないので断定できないんだけど。 でも、…

#0862 MONTBLANC Hamage to R.Kipling Jungle

MONTBLANC Hamage to R.Kipling Jungle 毎年モンブランから発売される小説家シリーズの最新バージョン。 キプリングは、ジャングルブックを書いた児童小説家。ぼくも昔読んだ記憶があるんだけど、いつの間にか児童文学から遠ざかってしまったので、かすかに…

#0861 MONTBLANC TURQUOISE

MONTBLANC TURQUOISE 今年、モンブランから出たブルーシリーズの中の1本。実はターコイズは以前、定番インクとしてモンブランから出ていたんだけど、その時のターコイズとはまったく違う色味で、これはこれでとても美しい。清涼感溢れるソーダ色とでも言い…

#0860 MONTBLANC EGYPTIAN BLUE

MONTBLANC EGYPTIAN BLUE エジプシャンブルーという名前は聞いたことがあるようなないような、そんな感じなのですが、調べてみたら、色名としてあるんですね。 Wikipediaによると、カルシウム銅ケイ酸塩の顔料のことで、1809年ぐらいから使われた色の名前な…

#0859 MONTBLANC LAPIS LAZULI

MONTBLANC LAPIS LAZULI 夏に合わせていきなり一気に発売となったモンブランのブルーシリーズの中の1本。 濃いめのターコイズブルーなんだけど、ラピスラズリって、もっと深みのあるブルーじゃなかったっけ?こういう色のラピスラズリもあるのかしら? それ…

#0858 MONTBLANC CHINESE BLUE

MONTBLANC CHINESE BLUE たまに、海外のサイトを見ていると、色名で「China Blue」とか「Chinese Blue」という文字をみかける。これは色名のことだと思われ、実際に色のサイトを見てみると「China Blue」はこのインクよりも、もっと濃い群青色だ。 しかし、…

#0857 MONTBLANC MAYA BLUE

MONTBLANC MAYA BLUE 今年、モンブランからとんでもない数のインクが出るということは聞いていたし、それが青系インクみたいだという話も割と早い段階から知っていた。 ただ、それがいつ日本で発売になるのか、というのは知らされていなくて、銀座のモンブラ…