HAPPY INK DAYS archives

インクでハッピーな毎日を彩ろう!

Green-緑-

#0849 DIAMINE Musc Set Beethoven

DIAMINE Music Set Beethoven うーむ。これがね、良くわからない。 個人的にベートーベンっていうと、もっと渋い色を想像してた。例えば焦げ茶色とかそんな感じ。 で、なんでそういう感じがするのかな?と思ったら、すでにぼくの頭の中にベートーヴェンのイ…

#0841 KINGDOM NOTE 京野菜 桂うり

KINGDOM NOTE 京野菜 桂うり またしても、非常に薄い色。色そのものは大好きなんだけど、薄いからどうやって使おうかなと悩んでします。こういう色の場合、太字が良いのか、それとも細字の方が濃く出るのか…。いや、でもここまで薄いと、細字だと難しいから…

#0840 KINGDOM NOTE 京野菜 聖護院かぶら

KINGDOM NOTE 京野菜 聖護院かぶら こちらも淡い色。でも白子たけのことか伏見はななに比べればまだ少し判読性は高めかな、という感じ。ただ、淡い色にありがちな水分多め、というのは感じられます。ガラスペンで書くと、良くわかるんだけど、ペンの先に水分…

#0831 NATAMI 青碧

NATAMI 青碧 日本の住所が書いてあるのに、日本国内では流通していないという実に不思議なインクシリーズ。 でも、色がね、なかなか良いのです。特にこの色。もう、好きな人にはドンピシャじゃないですか?緑がかった青。しかも、ちょっとマットな感じもたま…

#0817 明石文昭堂 別府ビューシリーズ 扇山グリーン

明石文昭堂 別府ビューシリーズ 扇山グリーン フォロワーさんの車に乗ったり、タクシーに乗ったりして良くわかったことなのだが、別府というのは、起伏に富んだ面白い土地で、さらにそこに無数の温泉があるところが魅力なんだなというのが良くわかる。 地形…

#0814 石丸文行堂 長崎美景 グラバーフォレストグリーン

石丸文行堂 長崎美景 グラバーフォレストグリーン 長崎の風景からインスパイアされたご当地インク。 グラバー邸といえば、長崎を代表する異人館のうちのひとつで、ぼくも初めて長崎に遊びに行った時に訪れたことがある。 なので、そのグラバー邸をモチーフに…

#0810 IPAPER 莫氏樹蛙

※パッケージ、ボトルの写真は後日アップします。 IPAPER 莫氏樹蛙 台湾のアオガエルの一種。両生類がどうしても苦手なために、この色のモチーフになったのが蛙だと知り、非常に複雑な気持ちになる。 色そのものは、とても明るくてさわやかなグリーン。 ただ…

#0792 文具店TAG 京の音 苔色

文具店TAG 京の音 苔色 京都といえば、やはり苔、と思う人も多いのではないでしょうか。ぼくも京都と苔というのは密接な関係があるような気がします。ただ、この苔色のインクは、ちょっとぼくが想像していた苔とは違う。 もっと、深い色の苔を思い浮かべてし…

#0790 文具店TAG 京の音 裏葉色

文具店TAG 京の音 裏葉色 昨年、限定で発売された京の音シリーズ。葉っぱの裏をイメージしたところがなかなか面白い。TAGさんは緑系のインクを何種類か出していて、どれもとても魅力的なんだけど、この裏葉色も素晴らしい色です。 葉っぱの影の部分をきちん…

#0787 TAG 文染 葉緑

TAG 文染 葉緑 京都のご当地インクで知られている文具店TAG(タケダ事務機)から、新しいシリーズが登場した。それがこの「文染」だ。 「京の音」「京彩」に次ぐシリーズだけれども、それらのふたつが京都がモチーフになっているのに対し、こちらは色そのも…

#0767 PENT コトバノイロ こころ

PENT コトバノイロ こころ 番組内では残念ながらじっくりと紹介されなかったのですが、ぼくはもう一つ別の文具店ともオリジナルインクを作成しました。そのシリーズがぼくが毎週コラムを書いているPENTの新シリーズ「コトバノイロ」です。 日本の近代文学作…

#0749 GRAF VON FABER-CASTELL Olive Green

GRAF VON FABER-CASTELL Olive Green オリーブグリーンという名の緑系インクは他にもいくつか知っているが、このファバーカステルのオリーブグリーンはそんな中でもかなり実物に近いオリーブグリーンだと思う。忠実にオリーブの実の色を質感も含めて再現して…

#0744 ROHRER & KLINGNER Smaragdgrun

ROHRER & KLINGNER Smaragdgrun ローラー&クライナー ヴィリジアングリーン ググってみたら、「Smaragdgrun」というのは、どうやらエメラルドグリーンのことのようです。つまり、ぼくの大好きな青みがかった緑、ということになります。本当に美しい色ですよ…

#0732 PILOT 七福神 福禄寿

PILOT 七福神 100th Anniversary Limited Edition 福禄寿 このサンプルを作った時、ぼくはものすごく幸せな気持ちになりました。だって、本当に素敵なミントグリーンなんだもの。しかも、淡くて優しい感じがいかにも福禄寿という感じですよね。 このインクを…

#0730 PILOT 色彩雫 竹林

PILOT iroshizuku chiku-rin パイロット 色彩雫 竹林 色彩雫の良いところは、やはりどの色も和がモチーフなので、比較的優しめの色が多いというところ。もちろん、躑躅のようにパキッとした色もあるんだけれども、だいたいの色がフンワリしたヴェールに包ま…

#0727 PILOT 色彩雫 深緑

PILOT iroshizuku shin-ryoku パイロット 色彩雫 深緑 これがね、ちょっと良くわからない。ぼくの勝手な最初の印象では、非常にオーソドックスな深みのある緑という記憶だったの。ところが、この見本を作ってみたら、うっすら青みがかってません?色として非…

#0715 Pent 彩時記 青緑~あおみどり~

Pent 彩時記 青緑~あおみどり~ 先週、ぼくは神戸のナガサワ文具センター主催の「日本インク紀行」というイベントで、インク見本帳を作るイベントを行ったのですが(参加してくださった皆様、ありがとうございます!)、その時の話の中で、インク見本帳を作…

#0712 セーラー万年筆 女子いろdays クローバー

セーラー万年筆 女子いろdays やすらぎのクローバー クローバー とても明るめのグリーン。一昨日ご紹介したグリーンはかなり渋くて濃い色だったけど、この緑はその対極にある感じ。でも美しいグリーンであることには変わりない。好きな人は好きなんじゃない…

#0710 セーラー万年筆 女子いろdays コモレビ

セーラー万年筆 女子いろdays オリーブのこもれび コモレビ 女子いろdaysはネットのみで限定販売され、その後、文具女子博で数量限定でリバイバル販売されたシリーズ。すごい人気であっという間に売り切れてしまったみたいだけど。 ぼくは最初にネットに出た…

#0706 Kobe INK物語 鈴蘭グリーン

ナガサワ Kobe INK物語 第28集 鈴蘭グリーン Kobe INK物語のグリーン系の色は、とても柔らかい色が多い気がする。パキッとした緑というよりも、どこかくすんでいるというか、和風というか。神戸という街を実はぼくはそんなに詳しく知らないのだけれども、そ…

#0697 LAMY crystal ink Obsidian

LAMY crystal ink Obsidian パッケージを見ても、ボトルを見ても、そして細字で文字を書いても、黒にしか見えないのですが、水筆で塗ってみると、うっすらと緑がかった黒であることがわかります。 こういう色がやっぱり面白いなと思うのです。万年筆インクな…

#0692 LAMY crystal ink Peridot

LAMY crystal ink Peridot すでに「趣味の文具箱」では紹介されているものの、まだ日本には入ってきていないラミーの新シリーズを一足早く入手できたので、ご紹介していきたいと思います。 まず、嬉しいのは30mlという量。やはりこれぐらいの量だと「使い切…

#0690 VISCONTI 麦畑(WHEATFEILD UNDER THUNDERCLOUDS)

VISCONTI 麦畑 (WHEATFEILD UNDER THUNDERCLOUDS) 昨年、いきなりヴィスコンティからクリスマス限定で発売された万年筆とセットの限定インク。 こういうの、本当に困るんですけど!と思いながらも、ついつい買ってしまいました。VISCONTIは好きなブランド…

#0688 Taiwan建築墨水 台灣博物館

Taiwan建築墨水 NIN+銅筆工作室 台灣博物館 台湾の建築物をモチーフにしたこのシリーズはなかなか使い勝手の良い色が多いような気がします。また、特にラメが入っているわけではないんだけど、個性的で、面白い色もあり、さらにパッケージの雰囲気、ラベルに…

#0686 Taiwan建築墨水 台北101大樓

Taiwan建築墨水 NIN+銅筆工作室 台北101大樓 台湾には歴史的な建造物だけではなく、話題のモダンな建物もあり、この台北101大樓もまさにそんな台湾モダン建築の代表と言っても良いかもしれない。ぼくは、一昨年台北に遊びに行った時、この建物の近くまでは行…

#0677 KAZE×蘇州博物館 秘色瓷。

KAZE×蘇州博物館 秘色瓷。 インクマニアの方だったら、「秘色瓷。」と聞いて、真っ先に思い浮かべるのは「京の音」の「秘色」なのではないかと思います。 happyinkdays.hatenablog.com だから、この名前だけを聞くと、ブルー系の色なのかしら?とちょっと期…

#0670 三光堂 名古屋シリーズ 桶狭間グリーン

三光堂 名古屋シリーズ 桶狭間グリーン 名古屋の文具店、三光堂さんのオリジナルインク。歴史に疎いぼくでも、「桶狭間の戦い」という名前ぐらいは知っている(でも実際に誰と誰が、どういう内容で戦ったのかということはあまり良く知らないの…ごめんなさい…

#0667 DIAMINE Green Umber

DIAMINE Green Umber 昨日も書いたように、DAIMINEにはふたつの「アンバー」があり、こちらは琥珀じゃない方のアンバーです。調べてみると、茶色系の色が多いのですが、このインクはわざわざグリーンアンバーと言っていることから、かなり緑がかった色です。…

#0655 セーラーインク工房 INK STUDIO 340

セーラーインク工房 INK STUDIO 340 パキッとした青、緑がかったターコイズブルー、薄い淡い感じの水色系青など、青・ブルーと一言で言っても、実にいろいろな種類の青がある。それは日本でも外国でも同じことで、青系のインクは総じて色数が多い。でも、そ…

#0649 多山文具 小豆島オリーブグリーン

多山文具 小豆島オリーブグリーン 実は地理にとても弱いぼくは、小豆島ってあら?岡山県だっけ?広島県だっけ?というぐらい地理感に疎くて、本当にごめんなさい!って感じ。小豆島は「二十四の瞳」とオリーブしか知らないというくらい未知の土地なのですが…