HAPPY INK DAYS archives

インクでハッピーな毎日を彩ろう!

舶来

#0694 LAMY crystal ink Agate

LAMY crystal ink Agate アゲートとは、日本語で言うところの「メノウ」のこと。でも、メノウって聞いてもピンとこない人は多いかもしれない。特に宝石類に興味がないと、名前は知っているけれども、どんな石かは想像できないっていう人もいるだろう。メノウ…

#0693 LAMY crystal ink Amazonite

LAMY crystal ink Amazonite 本当に良い色。やっぱり、何度見ても良い色。たぶん、他のブランドでも似たような色はあると思うんだけど、それでも、この色は良いなと思うのです。どうしても自分のごひいきの色というのは、どんなブランドであっても、ひいきし…

#0692 LAMY crystal ink Peridot

LAMY crystal ink Peridot すでに「趣味の文具箱」では紹介されているものの、まだ日本には入ってきていないラミーの新シリーズを一足早く入手できたので、ご紹介していきたいと思います。 まず、嬉しいのは30mlという量。やはりこれぐらいの量だと「使い切…

#0691 VISCONTI 花咲く桃の木(SOUVENIR DE MAUVE)

VISCONTI 花咲く桃の木(SOUVENIR DE MAUVE) 昨日ご紹介した「麦畑」と同時発売となったクリスマス限定ボックスの中に入っていたインク。最近、なんだか限定インクと万年筆のセットっていうのがブームなのかしら?本当に困るんですけど!って思いながらも、つ…

#0690 VISCONTI 麦畑(WHEATFEILD UNDER THUNDERCLOUDS)

VISCONTI 麦畑 (WHEATFEILD UNDER THUNDERCLOUDS) 昨年、いきなりヴィスコンティからクリスマス限定で発売された万年筆とセットの限定インク。 こういうの、本当に困るんですけど!と思いながらも、ついつい買ってしまいました。VISCONTIは好きなブランド…

#0689 Taiwan建築墨水 西門紅樓

Taiwan建築墨水 NIN+銅筆工作室 西門紅樓 ぼくは、2010年と2017年の2回、台湾に行っていて、いずれも台北に宿泊したのですが、宿泊場所は西門近辺でした。というのも、西門はゲイタウンとも呼ばれていて、ゲイが集まる場所として日本のゲイの子たちの間でも…

#0688 Taiwan建築墨水 台灣博物館

Taiwan建築墨水 NIN+銅筆工作室 台灣博物館 台湾の建築物をモチーフにしたこのシリーズはなかなか使い勝手の良い色が多いような気がします。また、特にラメが入っているわけではないんだけど、個性的で、面白い色もあり、さらにパッケージの雰囲気、ラベルに…

#0687 Taiwan建築墨水 松山文創園區

Taiwan建築墨水 NIN+銅筆工作室 松山文創園區 この建物シリーズなのですが、毎回、なんで、この建物にこの色なんだろう?と思います。単なるイメージで色を選出しているのか、それとも、何かこの色になる理由があるのか。そのあたりをこの色を作った人に問い…

#0686 Taiwan建築墨水 台北101大樓

Taiwan建築墨水 NIN+銅筆工作室 台北101大樓 台湾には歴史的な建造物だけではなく、話題のモダンな建物もあり、この台北101大樓もまさにそんな台湾モダン建築の代表と言っても良いかもしれない。ぼくは、一昨年台北に遊びに行った時、この建物の近くまでは行…

#0684 Taiwan建築墨水 歴史博物館

Taiwan建築墨水 NIN+銅筆工作室 歴史博物館 台湾の建物をモチーフにしたインク。まず、その発想が面白いと思う。建物をどのようにして、どのような角度から色彩化するのか、ということに非常に興味があります。残念ながら、このインクの背景などがわからない…

#0683 Taiwan建築墨水 中正紀念堂

Taiwan建築墨水 NIN+銅筆工作室中正紀念堂 台湾の建築物をモチーフにしたシリーズ。もし、日本だったら、どんな建築物がモチーフになるんだろう?と思いながら(実際には、色々と許諾が難しくて、なかなか難しいと思うけど)、色見本を作っていました。 でも…

#0682 Taiwan建築墨水 國父記念館

Taiwan建築墨水 NIN+銅筆工作室 國父記念館 今週は台湾の建築物をモチーフにしたインクをご紹介します。制作したのは「NIN+銅筆工作室」というところのようなのですが、パッケージにも詳細が記載されていなくて、謎なメーカー。中国に出張で良く行くインクマ…

#0681 KAZE&蘇州博物館 众芳競秀

KAZE&蘇州博物館 众芳競秀 「众芳」とは、日本語でいうと「衆芳」のことで、意味は、「たくさんの良い香りの花」なのだとか。ボックスやボトルのシールに描かれているのはどうやら梅のようなので、やはり中国でも梅の花は良い香りの花の代表なのかもしれませ…

#0680 KAZE&蘇州博物館 耀変天目。

KAZE&蘇州博物館 耀変天目。 「耀変天目。」をネットで検索すると、なぜか「曜変天目」に修正されて結果が出てしまうのですが、「 なお、「曜変」は「耀変」と書かれることもある。」ということで、両者は同じもののようです。 曜変天目茶碗の画像を見てみる…

#0679 KAZE ×蘇州博物館 美人醉。

KAZE&蘇州博物館 美人醉。 てっきり、ぼくは「美人酔」だと勘違いをしてしまったインク。美人が酔うとこういう色になるのだろうか?とかいろいろと考えてしまったのですが、実際は「美人醉」。ただ、「醉」と「酔」は同じ意味ではあるので、意味としては間違…

#0678 KAZE×蘇州博物館 蘇麻离青。

KAZE×蘇州博物館 蘇麻离青。 中国インクの一番困ることは、簡体字の名前がまったく読めないこと。そういう時、どうすれば良いのかというと、スマホの手書き入力で漢字を入力すること。そうすると、なんとスマホが自動的に繁体字に変換してくれるのです。だか…

#0677 KAZE×蘇州博物館 秘色瓷。

KAZE×蘇州博物館 秘色瓷。 インクマニアの方だったら、「秘色瓷。」と聞いて、真っ先に思い浮かべるのは「京の音」の「秘色」なのではないかと思います。 happyinkdays.hatenablog.com だから、この名前だけを聞くと、ブルー系の色なのかしら?とちょっと期…

#0676 KAZE×蘇州博物館 胭脂水釉。

KAZE×蘇州博物館 胭脂水釉。 中国のインク。一体KAZEというメーカーがどういうメーカーなのか不明なのですが、蘇州博物館とのコラボ以外にも様々なテーマのインクを作っている会社みたいです。その会社が一体どんな経緯でいつごろからどういう風にインクを作…

#0675 KAZE×蘇州博物館 鈞瓷。

KAZE × 蘇州博物館 鈞瓷。 今週は最近、インクブームが熱い中国のインクをご紹介したいと思います。 こちらのインクは、どうやら、蘇州博物館がコラボしているインクのようです。おそらく、「鈞瓷。」というのは、博物館に展示されている展示品なのだと思い…

#0667 DIAMINE Green Umber

DIAMINE Green Umber 昨日も書いたように、DAIMINEにはふたつの「アンバー」があり、こちらは琥珀じゃない方のアンバーです。調べてみると、茶色系の色が多いのですが、このインクはわざわざグリーンアンバーと言っていることから、かなり緑がかった色です。…

#0666 DIAMINE Amber

DIAMINE Amber アンバーとは日本語で琥珀のこと。ダイアミンには二つの「アンバー」があり、こちらは黄色いアンバーでもう一つは「グリーンアンバー」。この二つはまったく異なる色味で、厳密にいうと、「amber」が琥珀色のことで「umber」は土壌由来の顔料…

#0665 DIAMINE Ancient Copper

DIAMINE Ancient Copper このブログではいつも色をカテゴライズしているのですが、しばしば、この色は一体どのカテゴリーに入れたら良いのだろう?と悩むことが多い。その最たるものがターコイズ系の色なんだけど、実はその他にもカテゴライズに困る色もある…

#0664 DIAMINE Amazing Amethyst

DIAMINE Amazing Amethyst 紫系の色も、パキッとした色、濃い色、高貴な感じ、シックな感じ、薄めの紫、などいろんな種類があって、それらを眺めるのも楽しいのですが、このアメジスト系紫は、意外にも柔らかい感じ。アメジストっていうとパキッとした鉱物の…

#0663 DIAMINE Autumn Oak

DIAMINE Autumn Oak 黄色やオレンジ系の色って、本当に難しい。まず判読性が非常に微妙なところ。明るすぎると読めなくなっちゃうし。色そのものはきれいなのに、万年筆で使うことが多いんだから、やっぱり文字を読める程度の色にして欲しいと思ってしまう。…

#0662 DIAMINE Amaranth

DIAMINE Amaranth Amaranthとは、葉鶏頭のこと。 うーん、ぼくの記憶の中の葉鶏頭って、もっと赤いイメージなのですが、実際はどうなのでしょうか。でも、いずれにせよ、赤系の色であることは確かです。 こちらのインクの色は落ち着いた感じの色で、確かに塗…

#0661 DIAMINE Asa Blue

DIAMINE Asa Blue ダイアミンは、色数が多いし、ミニサイズのボトルもあるので、集め甲斐がある。さら に色の名前がユニークなものが多くて、それもダイアミンの魅力の一つなのではないかと思うのです。 さて、この「Asa Blue」というのも、名前の由来がなか…

#0640 MONTBLANC elixir parfumeur collection wood & tobacco grey

MONTBLANC elixir parfumeur collection wood & tobacco grey ぼくのことを良く知っている人は、ぼくが香水マニアで、ちょっと変わった香りが好きだということも良くご存じだと思う。そして、このインクの名前を見ただけで「あ、ケンケンさん好きそう!」と…

#0639 MONTBLANC elixir parfumeur collection leather orange

MONTBLANC elixir parfumeur collection leather orange モンブランの高級ライン香り付きインク。こちらはレザーの香り。確かに革特有の香りを感じます。これもまた好き嫌いがはっきり別れます。 ぼくは実はレザーの香りが昔は苦手だったんだけど、最近は結…

#0632 MONTBLANC Season's Greetings

MONTBLANC Seasons Greetings インクを集め始めたころは、限定インクそのものの存在をあまり理解していなくて、当然のことながら、モンブランにも限定インクがあるということを知ったのは、比較的最近のこと。それから出た限定インクに関してはできるだけ買…

#0631 MONTBLANC Swan Illusion -Plume-

MONTBLANC Swan Illusion -Plume- 昨日も書いたと思うのですが、今年のモンブランはインクマニアをむせび泣きさせているような気がします。だって、本当に魅力的な色を続々と出しているんだもの。でも、色が増えるのは嬉しいけど、お値段が…ね。 でも、やっ…