HAPPY INK DAYS archives

インクでハッピーな毎日を彩ろう!

御当地インク

#0590 四葉商会 あんず

四葉商会 あんず どちらかというと渋い色の方が多い四葉商会さんのオリジナルインクですが、この色は珍しく明るくてジューシー。フレッシュな感じがします。まさにアプリコットですね。杏はジャムにしてもおいしいし、ドライフルーツにしてもおいしいと思い…

#0589 四葉商会 朧雲

四葉商会 朧雲 朝陽が出る直前の海と空の色を再現したのだとか。まさにドーンパープルですね。 紫色に近い黒という感じでしょうか。一見黒に見えるけど、よく見ると紫が入っているというのは、BUNGU BOXさんの魔女インクでも同じ感じでした。 でも、四葉商会…

#0588 四葉商会 一ッ葉

四葉商会 一ッ葉 去年キングダムノートさんから出た世界”緑”紀行の時も思ったけど、緑にも本当に色々な種類があるなということ。まぁ、これはどの色でもそうなんだけど、で、だからこそ色の世界というのは面白いんだと思います。 この緑にしたって、他の今ま…

#0537 四葉商会 二ッ葉

四葉商会 二ッ葉 四葉商会さんから今年の夏にいきなり発売された3色のインクのうちの一本。こちらは他の緑色と比べるとかなり明るめです。黄緑色というほどでもないし、かといって扱いの難しいネオンカラーというわけでもなく、程よい明るい緑という感じで…

#0586 四葉商会 三ッ葉

四葉商会 三ッ葉 今年の夏にいきなり何の前触れもなく発売された3色の緑インクのうちの1本。四葉のクローバーがあるのであれば、三つ葉だってあったていいじゃないの!という感じでしょうか(笑)。でも、この4種類のグリーンはいずれも雰囲気が全然違う…

#0585 四葉商会 四葉der klee

四葉商会 der klee 四葉商会のシンボルともいえる四葉のクローバーをモチーフにした色。 なかなか渋いモスグリーン。深みのある色で、老舗の文具店らしい印象。落ち着きがあって、品もあるので、例えば気分を落ち着けたい時などにこの色で日記を書くと良いか…

#0584 四葉商会 こひぶみ

四葉商会 こひぶみ 静岡の老舗文具店、四葉商会にぼくが初めて行ったのは、確か去年のこと。 たまたまTwitterのフォロワーさんと一緒にオリジナルインク目当てで行ったのですが、思わぬ掘り出し物をみつけてしまっただけでなく、お店の方とすっかり意気投合…

#0583 九十九里海岸限定 九十九碧

九十九里海岸限定 九十九碧 ツクモアオ これはもう、ネーミングというよりも、とにかく色味で惹かれちゃう感じ。何となく勝手なイメージだけど、九十九里海岸の夏の空っていうよりも、冬の晴れ渡った空というイメージですね。すがすがしくって気持ちよい。こ…

#0582 九十九里海岸限定 刑部朱

九十九里海岸限定 刑部朱 ギョウブシュ 九十九里海岸は知っていても、さすがにこの岬まで知っている人は少ないと思います。でも、やはり九十九里に住んでいる人だったら、有名な岬なのでしょうか。ともあれ、そんなマニアックな場所をインクの名前にしてしま…

#0581 九十九里海岸限定 すだ椎翠

九十九里海岸限定 すだ椎翠 スダジイミドリ 九十九里海岸限定のご当地インクシリーズは、どれも非常にマニアック。さらに今一つ発売情報が良くわからないので、そこがまたミステリアスで面白いのかなという気がします。 さて、そんなシリーズの緑系のインク…

#0580 九十九里海岸限定 屏風岸壁

九十九里海岸限定 屏風岸壁 関東に住んでいるサーファーだったら、ひょっとしたら九十九里海岸は良く行く場所なのかもしれないけれども、ぼくはサーファーは好きだけど、サーフィンはしないので、九十九里って行ったことがない。 名前だけは知っているし、何…

#0579 九十九里海岸限定 地曳黒波 ジビキコクハ

謎の千葉県のご当地インク。 このお店のインクは、趣味の文具箱最新号には載せなかったインクです。 なぜなら、お店の情報が今一つよくわからないから。実店舗がありそうな感じもしないし、かといって、ネットショップという感じでもないし。一体どういう経…

#0578 九十九里海岸限定 羅漢槙 ラカンマキ

九十九里海岸限定 羅漢槙 ラカンマキ 謎のご当地インク。謎、というのは、やはりお店の状態が良くわからないから。ネットショップ限定というのであれば、それはそれで他の商品なども扱っているからわかるけれども、このインクに関しては発売元の情報が今一つ…

#0577 九十九里海岸限定 八鶴藍 ハッカクアオ

九十九里海岸限定 八鶴藍 ハッカクアオ インスタやTwitterなどでたまに見かけて、前からずっと気になっていたインク。 九十九里海岸限定と書いてあるんだけど、発売元がどうやら中国っぽくて、ぼくはずっと中国に九十九里海岸というのがあって、そこのインク…

#0555 杜の四季インク 仙臺萬年鉛筆HB

杜の四季インク 仙台萬年鉛筆HB 仙台の文具店のオリジナルインク「杜の四季インク」の中でもぼくが一番感動したのはこの色。 だって、鉛筆の色を万年筆のインクで再現するなんていう発想、なかなか出てきませんよ! しかも、それが実に美しいグレー。やわら…

#0554 杜の四季インク 文具の杜

杜の四季インク 文具の杜 このインクを使った時、一瞬、間違ったインクを使っているのではないかと思った。というのも、このパッケージに使われている写真を見る限り、かなり緑の強い色だと感じたから。 ところが、実際のインクの色は、緑?って首をかしげて…

#0553 文具の杜 定禅寺グリーン

文具の杜 定禅寺グリーン 最新号の『趣味の文具箱』でも紹介されていた仙台にある文具店のオリジナルインク。 杜の都と言われているだけあり、やはり杜の四季インクのグリーンも非常に美しいと思います。 特にこの定禅寺グリーンは明るめの柔らかいトーンの…

#0552 杜の四季インク 青葉城の空色

杜の四季インク 青葉城の空色 実は、金曜日から用事があり、仙台に行くので、仙台のご当地インクをご紹介します。 杜の四季インクシリーズです。 実はこのインクは、2011年のユーミンのロードショーツアーの最終公演(震災のために当初の5月の予定が11月に…

#0551 PEN HOUSE Pent彩時記 雪月夜

PEN HOUSE Pent 彩時記 雪月夜(ゆきづきよ) 彩時記シリーズは淡い色が多いような気がする。 ぎりぎり判読できるかできないか微妙な感じの淡い色。 この「雪月夜」もまさにそんな感じの色。 ペン先によっては、ちょっと読みにくくなってしまいそうだけど、…

#0550 PEN HOUSE Pent彩時記 月鈴子

PEN HOUSE Pent 彩時記 月鈴子(げつれいし) 月鈴子とは、俳句の世界では秋の季語で、鈴虫のこと。なんとも風流な呼び方ではないですか! それをインクの名前にしてしまうPentのセンスはさすがだなと思います。 色は焦げ茶色なのですが、ちょっとソフトなイ…

#0549 PEN HOUSE Pent彩時記 寂静夜

PEN HOUSE Pent彩時記 寂静夜 週末に開催された東京インターナショナルペンショーでも大人気だったPEN HOUSEさんのオリジナルインク。 これからの季節にぴったりの深みのある色。 ただ、深みがあるだけではなく、どこか寂し気な感じもするし、静かに物思いを…

#0548 PEN HOUSE Pent彩時記 葡萄

PEN HOUSE Pent彩時記 葡萄(えびぞめ) 漢字だけ見ると、「ぶどう」と読んでしまいそうだけど、正式名称は「えびぞめ」です。「葡萄」という字を「ぶどう」と読むようになったのは、江戸中期以降なのだとか。 もともとは、赤みがかった薄い紫色のことをえび…

#0547 PEN HOUSE Pent彩時記 秋麗

PEN HOUSE Pent彩時記 秋麗 ぼくがいつもコラムなどでお世話になっている大阪のネット系文具店PEN HOUSEのオリジナルインク。 日本の四季をイメージしたという色は、どれも非常に和っぽくて、さらに個性的なので、おすすめです。 季節柄、今回は秋をモチーフ…

#0546 文具館コバヤシ 翡翠 Kawasemi

文具館コバヤシ 翡翠 Kawasemi もう、あれこれと説明は不要でしょう。 ただ一言 大好きな色! とだけ書いておきましょう…。 というのはあまりにも不親切かしら(笑)。 でもね、本当にこれは大好きでして。この色に合わせて万年筆も発売されたのですが、それ…

#0545 文具館コバヤシ 静岡茶

文具館コバヤシ 静岡茶 文具館コバヤシのオリジナルインクを一躍有名にしたのはこのインクと言っても過言ではないかもしれません。ぼくもお店の存在よりも前に、このインクのことはTwitter上で話題になっているのを覚えています。 それだけのことはあり、こ…

#0544 文具館コバヤシ 静岡苺

文具館コバヤシ 静岡苺 文具館コバヤシの食べ物シリーズ(笑)。 実にかわいい色!でも、苺ってこんなにピンクだったっけ?って思ってしまうのはぼくだけでしょうか。 ぼくの勝手なイメージで、文具館コバヤシというのは、非常に硬派な感じがするんです。ぼ…

#0543 文具館コバヤシ 静岡蜜柑

文具館コバヤシ 静岡蜜柑 これもまた若干の説明が必要なのですが、スキャン画像ではどうしても黄色っぽく見えてしまいますが、実際にはもっとオレンジ寄りです。まさに蜜柑っぽい感じで、ジューシー。 実際の色はぜひ今週末の東京インターナショナルペンショ…

#0542 文具館コバヤシ 草薙

文具館コバヤシ 草薙 今週は、今週末に台東区で行われる東京インターナショナルペンショーに出展する文具店のオリジナルインクをご紹介したいと思います(全部はご紹介できないのが残念ですが)。 こちらは、静岡にある文具館コバヤシさんの、今年の夏に出た…

#0541 梅田蔦屋 umeda恋梅

梅田蔦屋 umeda恋梅 スキャン画像ではかなり薄くなっているけれども、実際にはもう少し濃いめのピンクです。ただ、判読性という意味では薄目かなぁ。 前にデルタの細字で書いてみたのですが、手帳に長文を書くと少しストレスを感じます。書いていて文字が読…

#0540 梅田蔦屋 umeda 青梅

梅田蔦屋 umeda 青梅 このインクも思い入れのあるインクです。これが出た時、とにかくこの色が大好きで、ワクワクしながら買いに行ったのですが、案の定この色が真っ先に完売になり、ぎりぎりのところで購入できたのです。 そして、今年のバレンタインの時期…