HAPPY INK DAYS archives

インクでハッピーな毎日を彩ろう!

国産

#0660 セーラーインク工房 INK STUDIO 540

セーラーインク工房 INK STUDIO 540 昨日の443と比べると、はるかにこの540の方が好みの色だ。なぜなら、ほんのりと緑が入っているから。もう、それだけでぼくは好きになっちゃうんである。香水に例えると、ちょっとでもウードが入っていたり、スモーキーだ…

#0659 セーラーインク工房 INK STUDIO 443

セーラーインク工房 INK STUDIO 443 青系のインクはどれも好きなんだけど、その中でも特に好きな色、そうでもない色というように好きの度合いに差があり、温度差が生じてしまうのは仕方のないこと。 青だったら、なんでもかんでも「大好き!」とはならないん…

#0658 セーラーインク工房 INK STUDIO 442

セーラーインク工房 INK STUDIO 442 青っぽいインクの中でも赤寄り(つまり紫に近い)の青と緑寄りの、いわゆるターコイズ系の色というのがある。これはどちらかというと紫寄りの色。 個人的には、そんなに積極的に使うような感じではないけれども、何となく…

#0657 セーラーインク工房 INK STUDIO 343

セーラーインク工房 INK STUDIO 343 セーラー万年筆のセーラーインク工房は、色の色調などによって、番号が振られているので、何となくその番号の法則さえ覚えて、色味との関連付けがわかれば、何となく番号だけで色を想像することができる。 とはいうものの…

#0655 セーラーインク工房 INK STUDIO 340

セーラーインク工房 INK STUDIO 340 パキッとした青、緑がかったターコイズブルー、薄い淡い感じの水色系青など、青・ブルーと一言で言っても、実にいろいろな種類の青がある。それは日本でも外国でも同じことで、青系のインクは総じて色数が多い。でも、そ…

#0655 セーラーインク工房 INK STUDIO 340

セーラーインク工房 INK STUDIO 340 ブルーというよりも、ブルーグレイといった方が良いかもしれない。完全なるブルーじゃなくて、ちょっとグレイが入っている。というか、逆に見方によっては(あるいは人によっては)グレーといった方が良いかも?という感…

#0654 セーラーインク工房 INK STUDIO 243

セーラーインク工房 INK STUDIO 243 去年、セーラーのインク工房の100色インクについて書いたぼくのブログの記事が相変わらずアクセス数上位に来るのですが、今ではすっかり多くの人に浸透したような印象です。 ぼくももちろん、100色全部揃えていて、…

#0653 多山文具 鳥居スカーレット

多山文具 鳥居スカーレット 赤というのは本当に難しい色だと思う。今年はぼくがプロデュースするインクがいくつか出るのですが、赤い色の選定が本当に難しかった。深紅の色が自分の思い通りに出ないのです。この鳥居スカーレットにしても、真紅というよりも…

#0652 多山文具 呉戦艦大和グレー

多山文具 呉戦艦大和グレー 最近、すごくグレーが気になっています。 季節的なもの、というよりも、もう少し長いスパンで灰色が気になり始めているのです。いつもはブルーとかターコイズとかグリーンとか、鮮やかな色ばかりに目が行くし、実際にそういう色を…

#0651 多山文具 西条柿オレンジ

多山文具 西条柿オレンジ フルーツは岡山が豊富というイメージがあるのですが、やはりその隣の広島もフルーツが豊富にできるのでしょうか。三次ピオーネは紫色でしたが、こちらは濃いめのオレンジ色。水分を多く含んだオレンジではなくて、もっとずっしりと…

#0650 多山文具 三角州(デルタ)ライトブルー

多山文具 三角州(デルタ)ライトブルー 広島には、昔付き合っていた男と(10年以上前)二度ほど行ったことがあるのですが、当時はまだ万年筆など触ったこともなく、よって、文具店には立ち寄ったこともないので、改めてゆっくりと行きたいと思っていると…

#0649 多山文具 小豆島オリーブグリーン

多山文具 小豆島オリーブグリーン 実は地理にとても弱いぼくは、小豆島ってあら?岡山県だっけ?広島県だっけ?というぐらい地理感に疎くて、本当にごめんなさい!って感じ。小豆島は「二十四の瞳」とオリーブしか知らないというくらい未知の土地なのですが…

#0648 多山文具 三次ピオーネパープル

多山文具 三次ピオーネパープル 濃いめの紫色は、三次ピオーネという葡萄をイメージした色で、非常にジューシー。広島というのは、意外にも果物の産地なんですね。岡山は晴れの国というだけあって、果物がたくさん育つというイメージだけど、広島はあまり果…

#0647 多山文具 福山ローズ

多山文具 福山ローズ ピンク色というのも本当にいろんな種類があって、それを見比べるのもなかなか面白いと思います。このピンクは比較的素直な、誰が見ても、あぁ、ピンクね。と思えるような色だと思います。優しくて、柔らかくて、あたたかい。濃すぎず、…

#0646 多山文具 広島レモンイエロー

多山文具 広島檸檬イエロー 岡山のうさぎやさんや、九州は長崎の石丸文行堂さん、鳥取の万年筆博士は行ったことあるのに、広島の多山文具さんにはまだ行ったことがなく、行かなくちゃ!と思っているお店のひとつです。 岡山の場合は、大阪から日帰りで行くこ…

#0645 日本民俗歴史博物館 えび茶

日本民俗歴史博物館 えび茶 日本民俗歴史博物館で開催されていた万年筆の企画展の時に販売されていたインクのうちのひとつ。 昨日ご紹介したターコイズブルーと比べると比較的オーソドックスな茶色。濃すぎず、かといって明るすぎないところが良い感じだと思…

#0644 日本民俗歴史博物館 ターコイズブルー

日本民族歴史博物館 ターコイズブルー 一昨年、千葉県の佐倉市にある日本民俗歴史博物館で行われた万年筆の歴史展の時に50本限定で発売されたオリジナルインク。 ぼくは展覧会の初日に行って購入したのですが、まだその時はそれほど知名度なかったのか、結…

#0642 有隣堂 空 YOKOHAMA SKY BLUE

有隣堂 空 YOKOHAMA SKY BLUE 文具女子博で初日に完売してしまったという限定インク。青系のインクは売れるということをお店の方はまだ理解されていなかったようで、入手できなかった人も多かったのではないでしょうか。 でも、これだけ反響があったというこ…

#0641 有隣堂 海 YOKOHAMA MARINE BLUE

有隣堂 海 YOKOHAMA MARINE BLUE まずは、お決まりの…。明けましておめでとうございます! 本年もよろしくお願いします。 今日ご紹介するのは、新春にふさわしいこちらの色。 先月行われた文具女子博で購入したインクです。横浜を中心に店舗展開をしている有…

#0637 石丸文行堂 Color Bar Ink Eggnog

石丸文行堂 Color Bar Ink Eggnog お酒はからきしダメなんだけど、いくつかのカクテルは名前も知っているし、飲んだこともある。このエッグノッグも何となく知っている感じ。風邪を引いた時に飲んだような飲んでないような…。どんなシチュエーションで飲んだ…

#0635 石丸文行堂 Color Bar Ink Sapin

石丸文行堂 Color Bar Ink Sapin 昨日ご紹介したインク同様、以前クリスマスシーズンに限定発売されたインクの復刻版です。 Santa Clausとはまったく違った雰囲気の落ち着いたブルーグレー。 いいなぁ、本当に美しい色だなぁ。ぼくは明るい色も大好きなんだ…

#0634 石丸文行堂 Color Bar Ink Santa Claus

石丸文行堂 Color Bar Ink Santa Claus 昨日に引き続き、この時期しかご紹介できないような旬なインクをご紹介します。 こちらは、九州の石丸文行堂のオリジナルインクです。Color Bar Inkは皆さまもご存じの通り、カクテルをモチーフにした70色のオリジナ…

#0633 BUNGU BOX 聖夜 Sighlent Night

BUNGU BOX 聖夜 Sighlent Night ぼくはこれでも一応クリスチャンなので、クリスマスというのはそれなりに特別な日なのであります。まぁ、最近はまったく教会にも行かず、熱心な信者である母にはいつも怒られているのですが…。 だから、日本のクリスマスには…

#0625 KobeINK物語 住吉山手ジェイドグリーン

ナガサワ Kobe INK物語 第64集 住吉山手ジェイドグリーン こちらも、Kobe INK物語10周年キャンペーン「あなたと創る神戸色」の応募作から生まれた色。非常に美しいグリーンです。渋くてかっこいいというか。おしゃれな神戸の街にぴったりだと思いませんか? …

#0624 KobeINK物語 東遊園地トーチオレンジ

ナガサワ Kobe INK物語 第63集 東遊園地トーチオレンジ これは、Kobe INK物語発売10周年キャンペーンで公募した「あなたと創る神戸色」の応募作品から生まれた2色のうちの1色です。 これは、東遊園地の中に設けられた震災復興と慰霊の想いを込めた「希望の…

#0623 Kobe INK物語 布引ラベンダー

ナガサワ Kobe INK物語 第62集 布引ラベンダー Kobe INK物語のファンだったら、「布引」といえば、真っ先に「エメラルド!」と答えてしまいそうですが、これからはそれに「ラベンダー」が加わってしまうのかっ!?とこのインクを知った時に真っ先にそんなこ…

#0622 Kobe INK物語 雪御所ザクラ

ナガサワ Kobe INK物語 第61集 雪御所ザクラ 60本目から呼び方が「弾」から「集」に変わり、何かそこに意味はあるのか?と開発の竹内さんにお聞きしたいと思っているケンケンです。 さて、そんな第61集の雪御所ザクラ。何となく、それまでの神戸インクとは…

#0621 Kobe INK物語 神戸異人館ミント

ナガサワ Kobe INK物語 第60集 神戸異人館ミント 次々と新しい神戸のインクを出してくれるナガサワさんの60番目のインク。基本的にぼくは判読性の低いインクというのは使いにくいのであまり好まないんだけど、でも、やっぱりこういうミント系の色というの…

#0620 Kobe INK物語 ORIENTAL BLUE

ナガサワ Kobe INK物語 ORIENTAL BLUE こちらも、Kobe INK物語の限定色です。 神戸の老舗ホテルをモチーフにしたインクということは知っていたのですが、手に入れるタイミングを逃してしまい、いつのまにか売り切れになっていて悔しい思いをしたインクです。…

#0619 Kobe INK物語 CHASKA

ナガサワ Kobe INK物語 梅田茶屋町店限定 CHASKA 毎週、各店舗にて何かしらのイベントを開催し、万年筆ファンのみならず、文具ファンを喜ばせているナガサワさんの梅田茶屋町店限定色。もともとこのインクは開店当時に販売された限定万年筆にのみついていた…